コンサルがiPadをパソコン代わりに使えるか? 実機検証(パワーポイント編)

さて、僕にとっての重要ツールであるパワーポイントを使用した実感

ひょっとしたら、今の学生さんにとっては当たり前すぎて意味ないかなと一瞬心が折れかかりましたが、やり切ろうと思います。

皆さん結論は早く知りたいだろうから、先に書いちゃいますね。 

結論 →  iPadにユニークな動作と、一定の小技を使えば、客先での資料作成は全然OK。ただし、この境地に辿り着けるかどうかは、あなたの忍耐にかかっています。 また、PCは絶対に必要だが、自宅や事務所に据置で良い


忍耐をどう求められるのか、気になる方は↓の本文に進んでください。

マウスはマウスだがマウスではないという違い


まずマウスのというもののiPadOSにおける位置づけを再確認

iPadでマウスを設定するのも一苦労なのだが、あくまでiPadにとってものマウスは補助的なポインティングデバイスであることがなかなか頭に染み込まない。どういうことかというと、要はApple penと同じ位置づけなので、クリックや特にドラッグ操作、右クリックという動作が潜在意識の期待とことなる挙動をするということに慣れる必要がある。 

まず、多くの人が、ダメだこりゃといってここで挫折するんじゃないかと思う。

クリックは、あくまでタップであり、iPadにドラッグして選択という概念はないのである。

これが、どういう局面で不自由かというと、複数オブジェクトをまとめて動かすとかの、まとめて選択動作がマウスでできない これを致命的と捉えるかどうか?

回避策としては出来るだけオブジェクトをグループ化すること。これも面倒だが、慣れるためのステップとして、複数オブジェクトは「同時にタップ」で実施する。 指で四角と四角を2つ同時にタップという、非常にマヌケな作業で、しかも、気を付けないと、図形がタップしている間に動く、 これは最初イライラしますね。 

 利用頻度の高い機能がそもそも潰されている


これは、一体どういう根性なのか、これでカネをとっていいのか?と怒りさえ覚えるのが、iPad版Officeでは特定機能が使えないということ。

これはどの機能なのか?というのをググると、これまた答えが出てこない。 悔しいので、よく使う機能でiPad版にない機能をクリティカルと思う順にリストする(抜け漏れはご容赦ください。クリティカルとイライラは別尺度です)



 図形の詳細設定ができない イライラ度 ★★★★★


オブジェクトを選択し、右クリックで出てくる図形の詳細設定がない。しかも、右クリックはそもそも無い機能なので、マウスに割り当てたコマンドが走る(僕の場合はアプリ切り替え)なので、未だに、無意識の右クリックでアプリ一覧に飛ぶという意味不明な瞬間がある。 要は、文字の折返しの可否、端から文字開始位置までのスペースの指定などができない。 


回避策:

PPTテンプレートを予め作っておく。さらに、よく使うオブジェクトは色や書式設定を予め済ませておいたものをテンプレートの1ページに全て用意しておく。 そこからのコピペで回避可能



 編集してから別名で保存できない(ファイルは常に自動で上書き保存される)

イライラ度 ★★★★☆


ファイルは一度開いて編集するとリアルタイムで自動で保存される。 お客様と確認後に資料を1枚だけ直すひつようがあり、まず他のスライドを削除してから、目的のスライドを修正した。 その瞬間、他のすべてのページの削除が確定しているので、元に戻すにはスライドの修正ごとUNDOすることになる。


回避策:

ファイルのバージョンを細かく上げるときは、予めファイルをコピーして別名保存してから作業する必要がある。



 複数のファイルを同時に開けない イライラ度 ★★★★★


前に作ったあの資料とこの資料を参考にして、もしくはコピーしてあたらしい資料をつくる。 これが当たり前に多い手順ですが、ファイルは一度に一つしか開けないのでいちいちオープンとクローズをする必要がある。こういうちょっとした手間が非常にイライラする。 ちなみに、異なるファイル間でもスライドのコピーは可能。 しかし、次にも述べるが一編に1枚しかコピーできない。 10枚コピーする際は、10回 2つのファイル間を往復する必要がある。


回避策:

作業開始前に同じフォルダに利用ファイルを寄せておいて、少しでもファイルオープンの手間を減らす程度



 スライドの一覧表示・複数選択ができない イライラ度 ★★★☆☆


スライド構成やページ数を俯瞰でみたいシーンは資料レビュー時によくある光景ですが、 これができない。 当然、スライドの複数選択(一括削除や一括順序調整)ができない。 一枚ずづ根気よくやる必要がある。


回避策:

お客さんが見てる前では操作しない。あとでやっと来ます!という話術で回避。 実際は複数ページが選択できるが、Delキーを押しても、消えるのは最後に選択したページのみ。



Shift+Enter=Enter(改行)イライラ度 ★★★★☆


これは最も嫌がらせに感じる。箇条書き機能はほとんどのテキストボックスに利用しているがキリの良いワードでの改行ができない。出来ないと非常に出来栄えが悪くなるので許せない。

因みに、WordではShift+Enterは期待通りの挙動をする。


回避策:

非常に納得がいかないが、スペースの挿入で位置を調整するという原始的な方法が効く。しかし、この方法は非常にイケてないと自分が思っている使い方なので、ジレンマである。



細かな線の書式設定ができない イライラ度 ★★★☆☆


図形の線を太くする、破線にする。 こうした強調操作ができない。 変えられるのは色のみ。あとは、線のスタイルとうところで一応破線などのスタイルはあるが、好みに合うものがない。


回避策:

予め自分が使う図形をPC版でつくってテンプレートにバインドしておく。 どうしようもないときは、スタイルを使い、後で綺麗にしておきますと話術で乗り切る

表機能が弱い イライラ度 ★★★★☆



セルの幅をドラッグして変更できない。


Shift+カーソル矢印でセルを選択すると、表のサイズが変わるという意味不明なコマンドが設定されている

セルの書式設定(特に文字開始位置の指定)ができない

セルのマージができない

右クリックで挿入・削除ができない(メニューバーにはコマンドがあるので、出来ないわけではない)

ありえないのオンパレードです。使うなといっているようなもんです。 一番困るのがShift+カーソルでの選択です。選択はマウスでドラッグするのが正解です。

表でなくて、ボックスを一杯並べればいいじゃんって?複数選択するの指で同時にタップですよ?あり得ない。


回避策: 

怒りしかない。が、割り切って使うしかない。慣れればなんとか。しかし、書式系は表のテンプレートを作っておいてコピーするのが良いです。



箇条書きの書式設定はできない イライラ度 ★★☆☆☆

こちらもいくつかのスタイルから選ぶのみとなる。ぶら下がり一夜インデント位置は調整できない


回避策:

予めテンプレートで好みの書式を指定したオブジェクトを作成しておく。その設定は引き継がれる。



画像の圧縮処理ができない。イライラ度 ★☆☆☆☆


メモ代わりに写真を貼るということが最近多いが、圧縮コマンドがないので、ファイルサイズを小さくできない


回避策:

面倒でなければ写真ファイル自体を事前に小さくしておく

こんなところであろうか?


繰り返しになるが、iPadで作業するということは、鞄の中身を大幅に圧縮し、本を持ち歩いてもPCが入っている時と同等の軽さになる。 しかも、電池持ちはよく、充電器もMacbookより大幅に軽い。 このトータルメリットが、ちょっとした工夫で手に入る。 僕は十分メリットを享受している。


#iPad #iPadOS #iPadはPCに変えられるか

20回の閲覧
  • w-facebook

© 2019 by DONE CO., Ltd.