リモートワークに求められる対応


セミナープログラムもコロナの影響でキャンセルとなり久しぶりの発信となりました。

おかげさまで、クライアントワークはリモート対応で引き続き継続させていただいております。

リモートワークは、特に以前グローバルのメーカーに勤めていた際の経験で従来から慣れてはいるのですが、それは社内でのやりとり。 (世界中のメンバーと同時に話すのはそれはそれで大変ではあるのですが)

やはりコンサルタントとなるとアウトプットでお客様の評価が決まりますので、お客様がご不満とならないよう、留意が必要ですね。 特に、ディスカッション・ホワイトボードというツールがウェブ会議に置き換わってしまうため、会議前の準備と会議中の進行・ファリシテーションが特に重要となります。


会議参加者がどのようなスタンスで、どのような目的意識を持って会議に参加すれば良いのか? 何を考え・発言して欲しいのか? 通常の会議でも重要な当たり前の要素ですが、この点をさらにしっかり意識づけることが円滑な会議運営のポイントとなりますので、会議前の準備やディスカッションマテリアルを、論理も通常よりワンレベル細かい粒度で構成し、かつ冗長にならないように、準備するなど、それなりに工数を使って準備するよう心がけています。


会議中には、できるだけ資料共有画面で、発言をライブで資料にメモし、認識や聴き間違えを確認するなど、スマートな形で、理解を示すことは、発言者だけでなく、参加者の理解を促すこととなり効果的です。


会議後はフォローアップや議事メモの発信、特にアクションアイテムを即座に発信して齟齬を確認すること、作業の進捗を過剰になぎすぎない頻度で発信するなど、スマートなアピールも重要です。


ではどのくらいの加減で?と聞かれるとなかなか定量的な基準でお答えするのは難しいですが、「自分が報告を受ける」という相手の視点に立って考えて見てはいかがでしょうか?というのが回答です。 さらに、相手の方がどのような方なのか? 心配性なのか、任せるタイプなのか? これも対面と変わりませんが、相手にあわせた対応も円滑にする秘訣です。

  • w-facebook

© 2019 by DONE CO., Ltd.