certificate!

郵送に随分かかりました+10連休中の別件リアルビジネスの影響で更新が遅れましたが、無事にbarkleyのデザインシンキングコースのサーティフィケートが届きました。


コース中、オンラインでコラボしたチームメイトは皆独創的で刺激的でした。


ZOOM, MURAL, SLACKを使い倒せば物理的な時間、空間、場所は殆ど関係ない(時差を除いて)ことを、改めて実感。


欧米のビジネス運営は地理的にも広い範囲で、かつマルチカルチャーで行われるのかあたり前の為、こうしたツールが自然と発展するが、どうしても日本はまだF2Fがベースにあった上で補完的に使われるから使い倒した感が少ないのかな?などと雑感。


物理的なコンタクトが難しいからこそ、集中して限られた時間で真剣に議論するから、何か新しいものが生まれるのかもしれません。


これからの時代は副業の域では収まらないマルチキャリアの時代。効率的に複数の異なる事を裁く為の1つのヒントかも知れません。




2回の閲覧

最新記事

すべて表示

Curiocity is better than judgement (相手に対する好奇心)

Curiocity is better than judgement. Try not to be Judgmental . 好奇心を持とうとでも訳しましょうか。 物事(基本的にはビジネスイシューですが)に対して、「良いか、悪いか」「利益があるのか無いのか」「意味があるのか無いのか」そうした白黒の色分けをまず最初に判定しないと話が先に進まないという人(オーディエンス)や会議というのを経験したことは

  • w-facebook

© 2019 by DONE CO., Ltd.